放課後子ども教室は単なる遊び場だった、学童との違いは明らかだ

おやつ無し宿題も教えない放課後子ども教室は不満だらけ

私の子供も今は大学生で勉強やバイトに遊びにと有意義に過ごしてるみたいだが、そんな私の子供が小学生の時に放課後は学童にいっていた時期もあったが、現在は学童に変わって放課後子ども教室という名前に変わっているそうだ

IMG_7782

 

新聞に放課後子ども教室の記事があったので読んで見た

学童に似た事業に、すべての小学生に多様な遊びの場を提供する「放課後子供教室」がある。一部の自治体では毎日教室を開いて学童のような機能をもたせ、待機児童の数を抑制してきた。共働き家庭の子の生活リズムを損なっていないか、懸念もある。

朝日新聞より

 

この記事を読んで私の子どもの時代にあった学童クラブと放課後子ども教室はかなり中身が違っていることが分かった

 

 

学童と放課後子ども教室の違い

学童とは

  • 厚生労働省管轄
  • おやつの提供
  • 宿題など自主学習の場を提供
  • 基本的に両親が共働き
  • 月の会費は5,000円程度

放課後子ども教室とは

  • 文部科学省が管轄
  • おやつなし
  • 子どもの居場所作りが目的
  • 親の就労は関係なく全児童対象
  • 月の会費は20,000円を越えるところもある

 

学童と放課後子ども教室の決定的な違いは、学童は宿題をして「おやつ」を食べてという生活の場だが、放課後子ども教室は誰でも参加できる大人数で集まる遊びの場だということである

 

 

放課後子ども教室の問題点とは

一部の母親から問題となっている一番の問題点は「おやつ」が無いことである。育ち盛りの子どもに長時間おやつも何もなく我慢させるのは酷だと意見が多い

 

次に放課後子ども教室は全児童が対象のために大人数になりやすく、児童一人ひとりの細かい気配りが出来ないといった問題点がありイジメなどが発生する場合がある

学童にも放課後子ども教室にも良い点悪い点があり、今後の大きな課題となりそうだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です