熱があり風邪だと思って病院に行ったら直ぐに入院して下さいと言われた

お盆も終盤になり今日で僕も連勤も終了です、販売業って馴れましたが世間が休みの日に休めないのが辛いところです

その連勤最終日に悲劇は訪れました、昼過ぎに急に体がだるくなりその後ひどい頭痛がおきました、周りの同僚は早退したら?って声をかけてくれましたが仕事がメチャクチャ残ってましたので帰れません・・

その後も頭痛は激しくなる一方だし悪寒がしてブルブル震えだす始末、何とか仕事も終わり帰りの電車にフラフラになりながら乗り込みました、電車の中では急激な睡魔に襲われて気付いたら一駅乗り過ごしてました・・・ナンカヤバイ???

家に帰って熱を計ったら39.1度と高熱!何年ぶりでしょうこんなに熱が上がったのは、とりあえず風邪薬を飲んで倒れこむように寝てしまいました

16846134972_70fec9a570_b

 

翌日、熱は39.7度の全く下がる様子は見せずお盆最終日なのでいきつけの病院は休みだし待たされるのを承知で市民病院に行くことにしました

問診で意外な事実が判明

市民病院に来るのは本当に久しぶりです、それに最近は個人病院の紹介状が無かったら治療費とは別に2、700円かかるとの事・・・高い・・・でもこの熱を下げてくれるなら文句も言えず内科の待合室で名前を呼ばれるのを待ってました

10分ほど待って病室に入りました、若い男の先生だったのでちょっとビックリ!若い先生なのに非常に穏やかに問診をしていただきました、色々な問診の中で先生が他に気になる事はありますか?と聞かれて少し太ももの内側に痛みがあると伝えると、では見てみましょうと言って先生が僕の太ももを触ると、凄くリンパが腫れてますね何らかの原因でばい菌が入ったのかもしれません血液検査で炎症の数値を見てみましょうっと言う事で採血室に向かいました

採血室では両腕の血を採りますって言われて生まれて初めて両腕の2本分の採血です、自分の血を見るのは苦手なので結構辛かったですね、早く解熱剤をもらって家に帰りたいです・・・

1時間ほど待って看護婦さんがやって来てCTを撮りましょうと言われて思わずビックリ!えっ~そんなに僕の体は悪いのか?不安が頭の中をよぎります

CTも無事に終了して再び結果を聞くために待合室に行きましたが、何かこの間が凄く長く感じられました、なんかヤバイ病気だったらどうしよう・・・・

名前を呼ばれて病室へ先生から思わぬ一言が・・・直ぐに入院をおすすめします!!

なんで??って感じで先生から次の言葉を待つと、血液検査で炎症の値は高かったのですがそれ以外に肝臓のγーGTPが785、腎臓のビリルビン?って言われたと思うけどその値が何と21000!!普通は140位なので通常の100倍以上の異常値だそうで即日に入院をオススメしますとの事・・・原因は不明との事・・

仕事もあるので3日後に再検査をして、それでも異常値ならば即入院となります

3日後に劇的に良くならないかな~なんて淡い希望を抱きつつ・・・

オワリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください