強度近視の私が老眼になって辛かった事を書いてみる

私は近視だ、それも視力が多分0.04とか0.05ぐらいの強度の近視だ。高校の頃には既に0.1以下でメガネ無しでは生活出来ないレベルになっていた。

 

視力が0.04と言ったが、数十年前にメガネ屋で聞いた数字なので、今の正確な視力は分からない…働き出してからは会社で毎年のように健康診断はあり、視力検査もするが裸眼の視力なんて測らない、いつも「メガネ外したら0.1ぐらいです」って言うと診断表には裸眼が0.1と記入されて実際に測るのはメガネをかけた矯正視力だけである。

 

他の会社では裸眼視力を必ず測るのかどうかは分からないが、私の会社は裸眼視力が自己申告なので本当に視力がどれくらいなのかは分からない、メガネを作りに行っても視力が幾つですなんて普通は言ってくれないので…

 

2016-04-23-09-06-24

 

 

強度近視ってどれくらいなんだ?

強度近視ってどれくらいの視力なんだろう?

調べて見たらー8D以下が強度近視らしい、ここまで視力が悪いと視力を測る単位も変わってくるものです、ところでー8Dとは、12.5センチまで近づけないとはっきり見えない状態だというそうだ

 

実際に私も自分で測ってみた、と言っても正式なやり方は知らないので、自分の指の腹を目にだんだんと近づけていって指紋がクッキリと見える距離を測ってみた

 

約10センチ……とんでもない強度近視でした……

 

 

近視の人間は老眼にならいなんて大ウソだった!

これだけ視力が悪くなっているので、これ以上は視力は落ちないだろうって思ってたら、40歳を過ぎてから本の文字が読みづらくなった、これって視力が悪くなったの?って思ってメガネ屋に行ったら「老眼です」と言われた

近視になったら老眼にならないなんて、とんでもない都市伝説だった、それを信じていた私もアホなんだが…

 

初めての老眼鏡は慣れるのが大変だった、遠くを見る時はレンズの上の面で見なければならず1週間くらいは目が異常に疲れた記憶がある

 

 

老眼になって辛かった事を書いてみる

  • テレビはそれほどでもなかったが、パソコンの文字は非常に見づらくなった
  • スマホはメガネを外さないと見えなくなった
  • 本を読むのが辛くて本を極端に読まなくなった
  • 老眼が進むたびに老眼鏡を買い換えなければならず出費がかさんだ

 

老眼の進行はようやく落ち着きました、老眼鏡も強度のモノになり、メガネ屋さんに遠くを見る方を優先させるか近くを見るのを優先させるか、どちらか選らんで下さいと言われた

老眼鏡も度が強くなると遠近ともに見えるようには出来ず、自分の生活環境で遠くか近くかどちらかの見やすさを犠牲にしなければならない

 

私は仕事でパソコンや近くの物を見ることが多いので近距離重視の老眼鏡を選んだが、例えば仕事で車の運転をする人は遠距離重視の老眼鏡を選ぶ必要がある

 

とにかく、強度近視の人が老眼になると大変です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください