炊飯器のマイコンとIH(ih)の違いは?どちらが買いかを調べて見た!

炊飯器を買い替えようとする人が電機店に行って最初に悩むのが、炊飯器の加熱方式にマイコンタイプのIHタイプがあることです。

何が違うのだろう?店員さんに聞くと詳しく教えてもらえるんだろうけど、私はあまり接客されるのが苦手なので自分で調べて見ました。

マイコンとIHの炊飯器とは何が違う?

現在はIH炊飯器が主流となっていますが、IHタイプの前はマイコン炊飯器が主流でした、なぜマイコンからIHに変わったのか?最大の理由は「お米を美味しく炊くには高温で炊飯すること」それを可能にしたのがIHだからです。

さて、二つの加熱方式の違いですが、マイコンタイプは炊飯器の底にヒーターがあり、電気を流す事でヒーター発熱し、内窯を底から加熱してご飯を炊きます。

次にIHタイプは、炊飯器の底や側面にコイルを取り付けて、電気を流すと磁力線が発生し、鉄やステンレスで出来た内窯にうず電流が流れて内釜が発熱します。

マイコン炊飯器が今でも売れてるのはナゼ!

主流のIHがご飯を炊くのには良い点が数多くあるが、マイコンも機種が減ったとはいえ、まだまだ健在です。そこでマイコンの今でも売れてる理由を書いてみようと思います。

  1. IHと比べて値段が安い
  2. 3合炊き位までならIHと比べて差が少ない
  3. 保温をあまりする必要が無い

要は炊飯器を選ぶポイントが、ご飯の味にそんなにこだわりがなくて、ご飯もそんなに食べなくて、保温の必要も無く、何より値段が安いのが一番と言う人はマイコン炊飯器がおススメだと思います。

まとめ

炊飯器を買おうと家電量販店に行った私ですが、そこにあった色々な種類の炊飯器を目の前にして、優柔不断な性格もあって全く何を買えば良いのか分からなくなってしまいました。

お金を出せばご飯を最高に炊ける炊飯器がありますが、さすがに10万円近くもするので躊躇してしまいます、かと思えば5千円位で見た目も普通な炊飯器も売っていて、逆にこんな安い炊飯器で本当にご飯が炊けるの?何て不安になるような炊飯器もあります。

私が思ったのが、炊飯器って自動車に似ているな~って・・・マイコン炊飯器は安いけど味はイマイチなのが、乗り心地はイマイチだけど値段が安い軽自動車に似ていて、IH炊飯器は高いけどご飯を美味しく炊くために色々な機能が付いているのが、乗り心地が最高だけど値段が高いベンツと似ているな~って

軽自動車もベンツも自動車には変わりありません、自分の経済事情や家庭環境で乗る車も変わります、月に数回しか車に乗らないとか、普段は使くのスーパーか子供の送迎用にしか車を使わない人がベンツを買っても持った無いですよね、私なら軽自動車で十分ですよね。

それと一緒で炊飯器も圧力IHなら美味しいご飯が炊けますが値段は高いです、でも一人暮らしでご飯の味なんて不味くなければ良いなんて言う人が圧力IH炊飯器を買うのはどうでしょう?と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.