【サイズ選びのポイントは?】私の旅に合ったスーツケース・キャリーバッグの大きさ

お店のスーツケースコーナーに行くと色々な大きさのスーツケースやキャリーバッグがありますが・・・

自分の旅行に合ったサイズの大きさは??が最初に悩むポイントだと思います。

売場のスーツケースに「3~4泊用です」と表示が出ていますので一応の買う目安は出ていますが、今回はもう少し詳しく旅行にあったスーツケースのサイズについて書こうと思います。

機内持ち込みサイズが気になる人は、私が以前書いた記事をご覧下さい。

【サイズは重要】スーツケースは機内持ち込みにするのか!受託手荷物で預けるのか!

スーツケース・キャリーバッグの大きさの目安

キャリーバッグやスーツケースのサイズを選ぶ上で考える点は大きく4つあります。

  1. 旅行期間
  2. 旅行場所
  3. 旅行目的
  4. 男女と身長差

旅行の期間ですが、簡単にまとめると以下のようになります。

宿泊数本体の高さ容量ポイント
1~2泊45cm以上45ℓ以下機内持ち込み
3~4泊55cm以上45~59ℓ一般的なサイズ
5~7泊65cm以上60~74ℓお土産や荷物が多い時
1週間以上70cm以上75~95ℓ2人分の荷物を入れる場合

次に旅行場所ですが、暑い場所では衣類も薄手になりますのでサイズは小さめで良いのですが、寒い場所では衣類も厚手になり上着も羽織らないといけないので当然荷物の量は多くなるのでサイズも大きめの方が良いでしょう。

次に旅行の目的ですが、ビジネスでしたら書類や着替え以外は無いので小さなサイズでも良いのですが、観光旅行目的でしたらお土産が一番のポイントになります。お土産を沢山買おうと考えているならサイズは大きめがおススメです、スーツケースの半分くらいを空けておくのが理想です。

最後に男女と身長差ですが、女性の場合は男性より荷物の量は多いので、なるべく宿泊日数目安より1泊くらい多いサイズのスーツケースを買うことをお勧めします、身長差については150cmの人と180cmの人ではスーツケースの大きさによって持ち手の高さも違うので、非常に持ち難かったり移動させ難いので注意が必要です。

 

旅行に合ったサイズの選び方

楽しくて快適な旅行にすつ為に、スーツケースやキャリーバッグのサイズは非常に重要です、旅行先に気温や目的によってサイズは違ってきます、大きければ良いと思われがちですが、大きくなるとスーツケースを置くスペースも大きくなりますし、重量も重くなるので移動はさせ難くなります。

サイズが小さい方が良い場合

暑い場所やビジネスが目的の場合は小さいサイズが良いでしょう

暑い場所へ旅行する時は、薄手の服になるので、荷物の量も少なくで済みます。 ビジネス目的の人も、観光旅行に比べると荷物が少なくなります。
その場合は、小さめのサイズを目安にしたり、宿泊日数がひとつ下のサイズでも良いので買う目安にして下さい。

サイズが大きい方が良い場合

寒い場所や観光お土産を沢山買う人や荷物が多い女性はサイズが大きい方がおススメです

寒い場所へ旅行する場合、厚手の服になったり、上着増えたりして、荷物量が多くなります。 観光旅行の場合は、帰りにお土産を買うと思いますが、想像以上にスペースが必要なので要注意です。 (お土産を入れるスペースは、スーツケースの半分位を空けておくのが理想です) また、女性の場合は男性に比べ、荷物が多くなりがちです。
その場合は、ひとつ大きめのサイズにしたり、宿泊日数がひとつ上のサイズを買うのがおススメです。 複数人数でひとつのスーツケースを使う場合も同様です

 

まとめ

旅行には必須のスーツケースやキャリーバッグですが、今まで書いた以外に私が思っているのが、自分に似合った物をかうのが一番大事だと思います。

値段が高ければ良いとは思いません、身長が低い人が荷物が多いからといって、非常に大きいサイズのスーツケースを転がしている姿を良く見かけますが、私個人の意見として、人と鞄の大きさがアンバランスであまりカッコ良い姿には見えません、見た目も大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください