看護師さんに正しい手洗いの方法を教えてもらい、感染症や風邪のリスクを激減させたよ!

こんにちは、いづもん(@idumon1964)です

 

細菌が入って足が腫れて入院してます、この入院生活で思ったのは不衛生はヤバイって事!

image

 

今までの僕は不衛生の塊みたいなものでした、仕事以外ではほとんど手を洗わないし汚れた手で食べたり飲んだりなんて日常茶飯事でした

 

でもね、ばい菌が体に入って40度近い高熱と足のリンパ節が腫れあがって苦しんだ事をキッカケに不衛生な生活を改めようと誓いました

 

看護師さんにその話しをしたらメッチャ笑われました(たぶん、何を今更そんな当たり前の事をって思われたんでしょうがね〜)

 

手洗いの重要性とは?

看護師さんは、まずは手洗いが衛生的な生活の基本ですと言われました

 

風邪って人のクシャミや咳から感染すると思ってましたが、細菌の付いた自分の手から感染する事も多いんです

 

手で目や鼻や口を触ったり、傷ついた傷口を手で触ってしまう、手はバイキンを体内に入れてしまう原因なんですね、だから手を清潔にしていれば感染のリスクが激減する分けなんですね

 

正しい手洗いの方法とは

せっかく入院してるし、時間もあるので看護師さんに正しい手洗いの方法を教えてもらいました

 

まずは手洗い前の注意事項として

  • 時計や指輪はハズす、爪は短く
  • 手洗い時間の目的は30秒から1分間
  • 手はしっかり乾燥させる、手が濡れている方が乾燥しているよりも病原体が移りやすい
  • 濡れた部分には緑膿菌が繁殖しやすい
  • ペーパータオルによる皮膚への摩擦刺激は手荒れの原因、拭き取りは優しく丁寧に!

 

以上の注意事項を頭に入れて手洗いをおこないます

  1. 流水で手を洗い流す
  2. 石鹸を泡立て、手のひら全体を擦り合わせる
  3. 手の甲を擦り合わせる
  4. 指先を立てるように擦り合わせ、指先・爪の周囲を洗う
  5. 親指を包み込むようにして洗う
  6. 指の間を洗う
  7. 手首は内側も背側も洗い残しがないよう、全周を洗うようにひねり洗いする
  8. 流水でしっかりすすぎ、石鹸成分を洗い流す、石鹸成分の残留は手荒れの原因になります
  9. ペーパータオルを使用し水分をよく拭き取る
  10. ペーパータオルを使って、水道の蛇口を閉めます、直接蛇口に触れて、再び手を汚さないようにしましょう

 

病院が一番恐れてるのが院内感染なんです、なのでこの手洗い方法は自宅ではチョットやり過ぎかもしれませんが、外出先のトイレなどでは必ず正しい手洗い方を実践して自分や家族を感染症から守って下さい

 

僕のように細菌に感染してからでは仕事は休まないといけないし、入院代も結構かかります

 

石鹸代なんて安いもんです、入院してみて気付きました、アホですね

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください