マグロの寿司や刺身を食べるなら今?緊急漁獲量規制を議論し始めた

マグロと言えば刺身や寿司を思い浮かべるかもしれないが、私はナゼか「一攫千金」と言うイメージを持ってる、テレビの特番の見過ぎだろうか、親子で小さい漁船で釣り糸で格闘して釣れたら一匹高くて〇百万円で売れ、釣れなかったら船の燃料代も払えずに家でヤケ酒をあおる……

今更であるが新聞をきっちりと読むようにした、以前はテレビ番組から見はじめて事件や地域面を見て肝心の政治・経済面を見ない事が多かったが自分のあまりの教養の無さに嫌気がさして新聞はちゃんと1面から見るようにした

その中で気になる記事があった、マグロの緊急漁獲制限の議論を始めたと言う記事である

 

本近海を含む北太平洋海域のクロマグロの資源管理を関係国・地域が話し合う中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)は29日、福岡市で小委員会を開き、クロマグロの資源枯渇を防ぐために発動する緊急の漁獲規制の議論を始めた。

日本は生後1年未満のクロマグロの量が3年続けて低水準だった場合に緊急の漁獲規制を2年間実施することを提案しており、これを軸に検討する。9月2日まで開催する今回の小委員会で内容を固め、年内の正式合意を目指す。

小委員会では、具体的な規制内容として、禁漁や漁獲量の大幅削減を議論する見通し。

「神戸新聞社提供」

 

やっぱりマグロの数って激減してるんだろうか、以前から漁獲量を規制するって話しは出てるけど今のところマグロが高くなったとかは感じた事はない、回転寿司でも普通に回ってるしスーパーでも閉店間際になると大トロの刺身が半額で売ってたりする

 

25418856951_13138f4211_b

 

マグロってどれくらい減ってるの?

クロマグロの漁獲量ってどれくらい減ってるのだろう、外務省のホームページを調べたら2008年の漁獲量は17,180tだったのが6年後の2014年には漁獲量は9,605tと約半分近くも激減している

これでは、世界各国が日本はマグロの漁獲量を減らせって規制を言ってくるわけだ、でもクロマグロ取り過ぎだって言ってる国ってどこなんだ?

 

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)参加国って

中西部太平洋まぐろ類委員会ってどこの国が参加してるんだろう、調べて見たら結構参加してた

豪州、カナダ、中国、クック諸島、ミクロネシア、フィジー、仏、日本、キリバス、韓国、マーシャル、ナウル、ニュージーランド、ニウエ、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、ソロモン、トンガ、ツバル、バヌアツ、パラオ、米、EU、台湾、インドネシア

 

どこの国が日本はマグロ取り過ぎだって言ってるのかは分からないが、中国と韓国は言ってるんだろうな、新聞ではある国は日本は数年はマグロを取るなって言ってるらしい

 

モシカシタラ スウネンゴハ マグロガ タベラレナクナルカモ ネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です