クーラーボックスはイグルーかコールマンか?【コストコは微妙でした】

Sponsored Link

こんにちは、スーパー勤務25年になる、いずもんです。

キャンプやバーベキュー用のクーラーボックスで、イグルーかコールマンのどちらを買おうか考えている人「イグルー製クーラーボックスの口コミが気になる。コールマンは良さそうだけど良く分からないので悩んでいます、なるべく安くて良く冷えるクーラーボックスが欲しいので、コストコで一押しのイグルーを検討しています。 

このような疑問にスーパー勤務の僕が答えます。

 

本記事の内容

  • イグルー製クーラーボックスの口コミ・レビュー【結論:少し後悔しています】
  • イグルーは微妙なので、キャンパー御用達のコールマンがおすすめ【比較表】

https://twitter.com/firefly2024/status/1129934062167052289

 

 

日帰りでキャンプに行く計画をしているので コストコにクーラーボックスを見に行きました。

イグルーが良いとのことで 選ぶ基準は

①保冷力

②容量

③重量

イグルーのクーラーボックスをレビューします。

ネットの口コミを見ると高評価ばかりですが、実際に使ってみた感想です。
僕の主観として、かなり微妙だったので、ステマなしで解説します。

イグルー製クーラーボックスの口コミ・レビュー【結論:少し後悔しています】

結論としては、コストコで買った事を少し後悔しています。
というか、僕は先日行った、日帰りキャンプで「イグルーも悪くは無いけど、今度買うなら、コールマンが良かったなと思いました。

コストコのイグルークーラーボックスが微妙な理由

次のとおりです。

  • イグルーを持っている人がコストコファミリーの印象
  • 蓋の開け閉めが少し重い
  • 種類が少なくて希望の容量が無い
  • 内部の造りがやや雑な感じ
  • 保冷力は普通
イグルーのクーラーボックスが、微妙な最大の理由は「イグルーを持っている人の大半がコストコファミリーだった」事ですね。

これは個人差があると思いますが、僕が行ったキャンプ場では、イグルーのクーラーボックスを持っている人の多くが、コストコで買った食材を持ってきていた、そして、隣の人もコストコファミリーだったのが何となく気まずかった、隣の人のイグルーは、僕が買ったクーラーボックスよりもワンランク上の商品だったから・・・

せっかく、キャンプ場に楽しみで行ったのに、変なところで隣を意識してしまい、クーラーボックスだけでなく、バーベキューの食材も見比べてしまって、楽しさが半減してしまいました。

蓋の開け閉めが少し重い

これは、ネットの評価を見ると書かれていますが・・・日本製のクーラーボックスは蓋にゴムのパッキンを巻いていて気密性を保っているが、イグルーは蓋だけで気密性を保っているので少し開け閉めが重いです

正直言って、他のクーラーボックスを使った事が無い人には、気にならないレベルです、僕は釣りが趣味なので、日本製のシマノと言うブランドのクーラーボックスを使っていますが、日本製と比べてなので、あまり気にする必要も無いと思います。

しかし、今回の「イグルーのクーラーボックス」は、僕の最初の使った感想は、少し開け閉めが重かった感じでした。

追記:コストコのイグルーは種類が少ない

コストコで売っているイグルーのクーラーボックスは確かに安いです、でも種類が少なくて、希望する容量が無いのが気になりました。

クーラーボックスの容量は、なるべく目的あった容量を選ぶのが良いです、容量が大きくなると必然的に重量が重くなるので持ち運びに苦労します。具体的には「使用人数」と「使用日数」により食材の量を想定し、自分のスタイルに合った容量のクーラーボックスを選ぶ事が重要です。

まぁ、値段が安いので多少大きくても「大は小を兼ねる」と言う人にとっては、コストコでイグルーを買うのは良いと思います。

コールマンのクーラーボックスの最大のメリットとは

キャンパー御用達のブランドなので、コストコファミリーと見比べられない、キャンプ初心者に見られない、それだけです

  •  イグルー製クーラーボックス→ 価格が安く、保冷力もあるのでリーズナブル、キャンプ場では、持っている人が多数いる為、にわかキャンパーに見られがち、コストコで買う人が多数いるので、自分の持っているグレード(値段)が他の人に分かってしまうので少し恥ずかしい。
  • コールマン製クーラーボックス → キャンプ用品のブランドとしては超一流メーカー、なのでクーラーの性能も申し分なし、クーラー以外のキャンプ用品(テント、ランタン等)も充実していて、キャンプを本格的にやりたいならコールマンがおススメです。

上記のとおりで、僕は完全に「コールマン」をオススメしますね、僕は今後も年に数回はキャンプに行こうと思っているので、コールマンブランドで統一しようと思います。

イグルーのクーラーボックスは、毎年恒例の会社のバーベキュー用に会社の組合に寄付しようと思います。

追記:こだわりが無いなら、イグルー製クーラーボックスでも良い

イグルー製クーラーボックスがおススメ出来ない訳ではなく、このブランドは「周りを気にせず、安くて、大容量で保冷力あるのクーラーボックスが必要」と言う方に向いています。

というのも、このイグルーは「安さ」以外は「大容量でも保冷力がソコソコ」の優等生でコスパの高いクーラーボックスです。

なので、自分と同じクーラーボックスを持っている人が多いなんて気にしない人は、イグルーでも良いかもしれません。

とはいえ、他の人と同じ初心者キャンパーに見られたくない僕は、コールマン製を次回は買おうと思います、値段は少し高めですが、キャンパー御用達と言う満足感が得られるからです。

イグルー製は微妙なので、キャンパー御用達のコールマン製がおすすめ【比較表】

結論は、コールマン製クーラーボックスが良いと思うのですが、人それぞれでニーズが違うはず。

いくつかピックアップしておきます。

検討するお値打ちのコールマン製クーラーボックス!3選

上記のとおりで、売れ筋のコールマン製クーラーボックスを比較します。

そしておススメ3選の根拠ですが、僕の働いている大手スーパーの系列スポーツ用品店年間売上数トップ3の「スチールベルトクーラー」と「エクストリームクーラー」と「スカーションクーラー」なので、あくまで「ある大手スーパー系列のスポーツ用品店の客観的なデータのみ」となります。

とはいえ、客観的に比較することで「なるほど、コールマン  スチールベルトクーラーが良いな」という結論になると思います。

その①:コールマン  スチールベルトクーラー

結論は、皆さんにこちらをオススメします。

基本的に本当に良く出来たクーラーボックスですが、あえて欠点を言うなら、下記の2つだけだと思います。

  • 日本製高級クーラーボックスよりも若干ながら保冷力が劣る
  • デザインが古臭い

保冷力に関しては、イグルーよりも良いですが、日本製ハイクラスなクーラーボックスには敵いません。

あと、デザインは人によりますよね。人によっては「外観が古臭い」と言ったりしますが、僕は、良いいデザインだと思っています、売れてるんだから!。
»コールマン  スチールベルトクーラー

その②:コールマン エクストリームクーラー

エクストリームクーラーもかなり良い商品です。ちょっと商品数が多くて迷いますので、比較表を作りました。

エクストリームクーラーの比較表

商品名 イメージ 特徴
50QT(アイスブルー)
  • 重量:約7kg
  • 容量:約47L
  • 保冷力5日
  • ホイールとハンドル付
28QT(アイスブルー)
  • 重量:約3kg
  • 容量:約26L
  • 保冷力3日
62QT(アイスブルー)
  • 重量:約6.5kg
  • 容量:約58L
  • 保冷力5日
70QT(アイスブルー)
  • 重量:約5.7kg
  • 容量:66L
  • 保冷力:5日

アイスクーラー35L

  • 重量:約1.5kg
  • 容量:35L
  • 保冷力:49時間

上記のとおりです。

そして、クーラーボックスの重要な点は「目的に合ったサイズなのでは・・」と思っています。比較表をみると分かりますが、サイズが色々あります。実際に使っていても思いますが、サイズが合っていないと、食材や飲み物が性能以上に冷えません。

コストコのイグルーはサイズがあまり無いので、不満でしたがネットではサイズが各種ありますので、イグルーが好きな方は調べて下さい。

その③:コールマン エクスカーションクーラー

エクスカーションクーラー/16QTの最大の特徴は「コストパフォーマンスが高い」ですね。なので、容量は小さくても良くて、保冷力もそこそこあって価格が安いクーラーボックスを探している方は、こちらで良いかなと思います。

クーラーボックスを買う基準が人気や性能重視ではなく「値段」の方は、この「エクスカーションクーラー」は良いかもしれません。サイズは多少小さくて、保冷力もソコソコで良いからコスパが最高なのが良いという方も多いと思います。

念の為に、比較表も作っておきます。

エクスカレーションクーラーの比較表

商品名 イメージ 特徴

16QT(レッド)

  • 重量:約1.8kg
  • 保冷力:1日
  • 容量:15L
16QT(オリーブ)
  • 重量:約1.8kg
  • 保冷力1日
  • 容量約15L
30QT(スカイブルーホワイト)
  • 重量:約2.7kg
  • 保冷力2日
  • 容量約28ℓ
28QT(アイスシルバー)
  • 重量:約3kg
  • 保冷力3日
  • 約26ℓ
30QT(オリーブ)
  • 重量:約2.9kg
  • 保冷力2日
  • 容量約28ℓ

上記のとおり。そうですね・・・やはりエクスカーションクーラー/16QTじゃないですかね。

結論:キャンプ場では心を満足させたい

まとめると、スチールベルトクーラーが良いのではと思いつつも、価格や機能を重視したいなら、エクストリームクーラーやエクスカーションクーラーもありかなと思います。

つまり、結論は下記です。

上記のとおりです。
というわけで、僕の一番のおススメはコールマン  スチールベルトクーラーす。以上です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください